研究業績

学術論文(査読あり)

  1. Y. Wu and N. Suzuki, “Detecting XSLT Rules Affected by DTD Updates”, DBSJ Journal, vol.16, 8p., (accepted).
  2. 関根吉紀,池田光雪,鈴木伸崇,”外部記憶アルゴリズムを用いた大規模グラフデータからのスキーマ抽出手法”,日本データベース学会和文論文誌,vol.15-J, article no.12, 8p., 2017.
  3. N. Suzuki, K. Ikeda, and Y. Kwon, “An Algorithm for All-Pairs Regular Path Problem on External Memory Graphs”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E99-D, no.4, pp.944-958, 2016.
  4. H. Mizumoto and N. Suzuki, “An XSLT Transformation Method for Distributed XML”, IPSJ Transactions on Databases, 13p., vol.23, no.3, pp.353-365, 2015.
    (preprint: IPSJ Transactions on Databases, vol.8, no.1)
  5. K. Ikeda and N. Suzuki, “An Algorithm for Finding top-K Valid XPath Queries”, IPSJ Transactions on Databases, vol.7, no.2, pp.70-82, 2014.
  6. N. Suzuki, Y. Fukushima, and K. Ikeda, “Satisfiability of Simple XPath Fragments under Duplicate-Free DTDs”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E96-D, no.5, pp.1029-1042, May 2013.
  7. N. Suzuki, “An Algorithm for Inferring K Optimum Transformations of XML Document from Update Script to DTD”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E93-D, no.8, pp.2198-2212, Aug. 2010.
  8. N. Suzuki and Y. Fukushima, “An XML Transformation Algorithm Inferred from an Update Script between DTDs”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E92-D, no.4, pp.594-607, Apr. 2009.
  9. N. Suzuki, “On Finding an Edit Script between an XML Document and a DTD”, IPSJ Transactions on Databases, vol.47, no.SIG19(TOD32), pp.1-13, Dec. 2006.
  10. N. Suzuki, “A Polynomial-Time Algorithm for Merging Structured Documents”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E88-D, no.10, pp.2341-2353, Oct. 2005.
  11. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “Complexity and a Method of Extracting a Database Schema over Semistructured Documents”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E85-D, no.6, pp.940-949, June 2002.
  12. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “Extracting typical classes and a database schema from semistructured data”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E84-D, no.1, pp.100-112, Jan. 2001.
  13. 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “グラフデータベースにおける正則表現及び文脈自由文法を満たす最短経路の一探索法”, 情報処理学会論文誌(データベース), vol.40, no.SIG6(TOD3), pp.42-53, 1999.
  14. 鈴木伸崇, 伊藤実, “オブジェクト指向データベースにおける逆行を含む属性集合およびその閉包を用いた経路式について”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J82-D-I, no.1, pp.3-13, 1999.
  15. 鈴木伸崇, 伊藤実, 奥井順, “オブジェクト指向データベースにおける逆行を含む経路式の航行可能性に関する考察”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J81-D-I, no.6, pp.829-838, 1998.
  16. N Suzuki, M. Ito, and J.Okui, “On the possibility of path expressions containing backward navigations in object-oriented databases”, Systems and Computer in Japan, Jhon Wiley & Sons, vol.30, no.2, pp.11-19, 1999.
  17. 鈴木伸崇, 伊藤実, “オブジェクト指向データモデルにおける逆行を含む経路式に関する考察”, 電子情報通信学会論文誌(D-I), vol.J79-D-I, no.10, pp.791-802, 1996.
  18. N. Suzuki and M. Ito, “Specialization constraints for a complex object model supporting selective inheritance”, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E78-D, no.11,pp.1458-1468, 1995.

国際会議論文(査読あり)

  1. Y. Nagao and N. Suzuki, “Classification of MathML Expressions Using Multilayer Perceptron”, the 17th ACM SIGWEB International Symposium on Document Engineering (DocEng 2017), 4p., (accepted)
  2. Y. Sekine, K. Ikeda, and N. Suzuki, “An Algorithm for Extracting Schemas from External Memory Graphs”, the first Workshop on Big Network Analytics (in conjunction with CIKM 2016), 10p., 2016.
  3. Y. Wu and N. Suzuki, “An Algorithm for Correcting XSLT Rules According to DTD Updates”, the 4th International Workshop on Document Changes: Modeling, Detection, Storage and Visualization (in conjunction with ACM DocEng 2016), 8p., 2016.
  4. E. Sakurai, A. Morishima, K. Ikeda, and N. Suzuki, “Bookshelf Problem: A Human-in-the-Loop Approach for Data Grouping without Complete Information”, iConference 2016, 10p., (accepted)
  5. Y. Wu and N. Suzuki, “Detecting XSLT Rules Affected by Schema Evolution”, Proceedings of the 15th ACM SIGWEB International Symposium on Document Engineering (DocEng 2015), pp.143-146, 2015.
  6. N. Suzuki, K. Ikeda, and Y. Kwon, “An External Memory Algorithm for All-Pairs Regular Path Problem”, Proceedings of the 26th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2015), LNCS 9262, pp.399-414, 2015.
  7. H. Mizumoto and N. Suzuki, “An XSLT Transformation Method for Distributed XML”, Proceedings of the 4th International Conference on innovative Computing Communication Technology (INTECH 2014), 10p., 2014.
  8. K. Hasegawa, K. Ikeda, and N. Suzuki, “An Algorithm for Transforming XPath Expressions According to Schema Evolution”, Proceedings of the First International Workshop on (Document) Changes: Modelling Detection, Storage and Visualization (co-located with ACM DocEng 2013), 8p., 2013.
  9. Y. Ishihara, N. Suzuki, K. Hashimoto, S. Shimizu and T. Fujiwara, “XPath Satisfiability with Parent Axes or Qualifiers Is Tractable under Many of Real-World DTDs”, Proceedings of the 14th International Symposium on Database Programming Languages (DBPL 2013), 10p., 2013.
  10. H. Mizumoto and N. Suzuki, “A Simple XSLT Processor for Distributed XML”, Proceedings of the 15th Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2013), LNCS 7808, pp.7-18, 2013.
  11. K. Horie and N. Suzuki, “Extracting Difference between Regular Tree Grammars”, Proceedings of the 28th ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2013), pp.859-864, 2013.
  12. K. Ikeda and N. Suzuki, “Finding top-K Correct XPath Queries of User’s Incorrect XPath Query”, The 23rd International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2012), LNCS 7446, pp.116-130, 2012.
  13. N. Suzuki, “Satisfiability of Simple XPath Fragments under Fixed DTDs”, Proceedings of the 28th British National Conference on Databases (BNCOD 2011), pp.194-208, LNCS 7051, 2011.
  14. N. Suzuki and Y. Fukushima, “Satisfiability of Simple XPath Fragments in the Presence of DTDs”, Proceedings of the 11th ACM International Workshop on Web Information and Data Management (WIDM 2009), pp.15-22, 2009.
  15. N. Suzuki, “On Inferring K Optimum Transformations of XML Document from Update Script to DTD”, Proceedings of the 14th International Conference on Management of Data (COMAD 2008), pp.210-221, 2008.
  16. N. Suzuki and Y. Fukushima, “An XML Document Transformation Algorithm Inferred from an Edit Script between DTDs”, Proceedings of the 19th Australian Database Conference (ADC 2008), pp.175-184, 2008.
  17. N. Suzuki, “An Edit Operation-Based Approach to the Inclusion Problem for DTDs”, Proceedings of the 22nd Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2007), pp.482-488, 2007.
  18. N. Suzuki, “Finding K Optimum Edit Scripts between an XML Document and a Regular Tree Grammar”, Proceedings of ICDT Workshop on Emerging Research Opportunities in Web Data Management (EROW 2007), pp.81-95, 2007.
  19. N. Suzuki, “Finding an Optimum Edit Script between an XML Document and a DTD”, Proceedings of the 20th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2005), pp.647-653, 2005.
  20. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “On Merging Structured Documents with Move Operation”, Proceedings of International Symposium on Iqnformation and Communacation Technologies (ISICT03), pp.256-261, 2003.
  21. N. Suzuki, “A Structural Merging Algorithm for XML Documents”, Proceedings of the IADIS International Conference WWW/Internet 2002, pp.699-703, 2002.
  22. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “On Extracting a Database Schema from Semistructured Documents”, Proceedings of the 5th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI2001), Vol.XIV, pp.220-225, 2001.
  23. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “An Approximation Method for Extracting Typical Classes from Semistructured Data”, Proceedings of the Int’l Symposium on Database Applications in Non-Traditional Environments (DANTE’99), pp.41-44, 1999 (revised: IEEE Computer Society Press, pp.197-200, 2000).
  24. N. Suzuki, M. Ito, and J. Okui, “On the possibility of path expressions containing backward navigations”, Proceedings of the Int’l Symposium on Cooperative Database Systems for Advanced Applications (CODAS’96), pp.368-375, 1996 (revised: World Scientific, pp.469-476, 1997).

研究会・ワークショップ

  1. 岡田拓也, 鈴木伸崇, “CSSにおけるDTDに関して充足不能な規則の検出”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), F1-3, 8p., 2017.
  2. 菅原知倫, 鈴木伸崇, “部分グラフ同型問題と模倣関係の融合”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), E2-4, 8p., 2017.
  3. ZHU YATING, 鈴木伸崇, “木分割アルゴリズムを用いたXSLT実行手法”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), I2-1, 8p., 2017.
  4. 川口晴会, 長尾悠真, 鈴木伸崇, “EPUB小説データからの表紙の自動生成”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), F3-2, 8p., 2017. (学生プレゼンテーション賞受賞)
  5. WANG ZHIHUA, 鈴木伸崇, “ラベル付き有向グラフにおける部分グラフ同型問題を解くための外部記憶アルゴリズム”, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017), E8-4, 8p., 2017.
  6. 尾内くらら,鈴木伸崇,”PowerPointファイルに対するスタイル情報を考慮した類似度算出手法”,情報処理学会研究報告,2017-DBS-164(1),6p., 2017.
  7. 長尾悠真,鈴木伸崇,”多層パーセプトロンによるMathML式の分類”,情報処理学会研究報告,2016-DBS-163(7),6p., 2016. (学生奨励賞受賞)
  8. 関根吉紀,池田光雪,鈴木伸崇,”外部記憶アルゴリズムを用いた大規模グラフデータからのスキーマ抽出手法”,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), F7-2, 8p., 2016.
  9. Y. Wu and N. Suzuki, “An Algorithm for Detecting XSLT Rules Affected by Schema Updates”, 情報処理学会研究報告, 2015-DBS-161(6), 6p., 2015.
  10. 呉揚,鈴木伸崇,”スキーマ進化によって影響を受けるXSLT規則の検出手法”, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), E3-2, 8p., 2015.
  11. 櫻井恵美, 森嶋厚行, 池田光雪, 鈴木伸崇, “不十分な情報から開始するデータグルーピングのためのマイクロタスク設計”, 第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), C6-2, 8p., 2015.
  12. 鈴木伸崇, 池田光雪, “グラフデータにおける正規経路問合せのための外部記憶アルゴリズム”, WebDB Forum 2014, B-2-1, 8p., 2014.
  13. H. Mizumoto and N. Suzuki, “An XSLT Transformation Method for Distributed XML”, iDB Workshop 2014, 10p., 2014.
  14. 池田光雪, 鈴木伸崇, “正規木文法を用いたXPath式修正候補発見アルゴリズム” 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), A1-4, 2013.
  15. 長谷川数馬, 池田光雪, 鈴木伸崇, “スキーマ進化に伴うXPath式修正アルゴリズムの提案”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),B2-2, 2013.
  16. 水本 弘貴, 鈴木伸祟, “分散XMLに対するXSLT実行手法”, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013),B2-1, 2013.
  17. R. Chen and N. Suzuki, “View Schema Update Problem for XML Database”, Information Science Workshop, 3p, 2013.
  18. 堀江和磨,鈴木伸崇,”正規木文法間の差分抽出アルゴリズムの提案”, 情報処理学会研究発表会報告, DBS-154-12, 8p, 2012.
  19. 阪口哲男, 宇陀則彦, 鈴木伸崇, “オンライン目録検索システム構築演習の4年間とこれから”, ディジタル図書館, vol.42, pp.11-20, 2012.
  20. 池田光雪, 鈴木伸崇, “XPath式に対するK最適修正候補発見の一改良手法”, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012), E11-3, 2012.
  21. 堀江和磨, 鈴木伸崇, “正規木文法の差分抽出問題に関する研究”, 情報処理学会データベースシステム研究発表会報告, DBS-152-12, 8p, 2011.
  22. Kosetsu Ikeda , Nobutaka Suzuki, “An Algorithm for Finding K Correct XPath Expressions”, iDB Workshop 2011 (closed workshop), 10p., 2011. (Distinguished Young Researcher Award 受賞)
  23. 池田光雪, 鈴木伸崇, “妥当でないXPath式に対するK最適修正候補発見アルゴリズム”, 情報処理学会データベースシステム研究発表会報告, DBS-151-31, 8p, 2010. (学生奨励賞受賞)
  24. 鈴木伸崇, “Preceding軸とFollowing軸を含むXPath式に関する充足可能性問題について”, WebDBフォーラム2009講演論文集, 3B-2, 9p, 2009.
  25. N. Suzuki and Y. Fukushima, “On Inferring an XML Document Transformation Algorithm from an Edit Script between DTDs”, IEICE Technical Report, DE2007-118, pp.19-24, 2007.
  26. N. Suzuki, “An Edit Operation-Based Approach to the Inclusion Problem for DTDs”, IEICE Technial Report, DE2006-127, pp.7-12, 2006.
  27. N. Suzuki, “Finding an Optimum Edit Script between an XML Document and a Regular Tree Grammar”, IEICE Technical Report, DE2005-25, pp.69-74, 2005.
  28. 鈴木伸崇, “妥当でないXMLデータに関する最適な構造変換を求めるための一手法”, 電子情報通信学会技術研究報告, DE2004-3, pp.13-18, 2004.
  29. N. Suzuki, “A Document Merging Method Supporting Move Operation”, IEICE Technical Report, COMP2003-67, pp.37-44, 2003.
  30. N. Suzuki, “A Structural Merging Algorithm for Hierarchically Structured Documents”, IEICE Technical Report, COMP2002-32,pp.17-24, 2002.
  31. 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “構造の異なる文書データを同じ構造に変換するアルゴリズムについて”, 電子情報通信学会主催第13回データ工学ワークショップ(DEWS2002), C2-3, 2002.
  32. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “Complexity of Extracting Database Schema from Semistructured Documents”, IEICE Technical Report, COMP2000-84, pp.89-96, 2001.
  33. N. Suzuki, Y. Sato, and M. Hayase, “On Shortest Paths Satisfying Regular Expressions and Context-Free Grammars in Graph Databases”, 電子情報通信学会主催第10回データ工学ワークショップ(DEWS’99), No.3b-4, 1999.
  34. 鈴木伸崇, 伊藤実, “オブジェクト指向データベースにおけるワイルドカードを含む経路式について”, 電子情報通信学会主催第9回データ工学ワークショップ(DEWS’98), No.16, 1998.
  35. 鈴木伸崇, 伊藤実, 奥井順, “オブジェクト指向データモデルにおける逆行を含む経路式の航行可能性について”, 電子情報通信学会技術研究報告, DE96-81, pp.43-48, 1997.
  36. 鈴木伸崇, 伊藤実, 奥井順, “経路式に逆行を含む質問代数に関する考察”, 平成8年度科学研究費重点領域研究「高度データベース」松江ワークショップ講演論文集, pp.339-348, 1996.
  37. 池田吉隆, 鈴木伸崇, 伊藤実, “複合オブジェクトモデルにおける逆行を含む経路式に関する考察”, 電子情報通信学会技術研究報告, COMP95-55, pp.75-84, 1995.
  38. N. Suzuki and M. Ito, “On a Complex Object Model Supporting Selective Inheritance”, IEICE Technical Report, DE94-46, pp.17-24, 1994.

口頭発表

  1. 池田光雪,”NDLラボサーチ ~軽快なディスカバリーサービスと実験的機能の紹介”,Code4Lib JAPAN Conference 2015,2015.
  2. 櫻井恵美,権守健嗣,池田光雪,森嶋厚行,鈴木伸崇,”クラウドソーシングにおけるタスク割り当て制御の一方式”,電子情報通信学会総合大会,D-4-6, 1p., 2014.
  3. 藤田佳恵,鈴木伸崇,”小説データの本文分析による選書支援手法の提案”,情報処理学会第76回全国大会,4M-5, 2p., 2014. (学生奨励賞受賞)
  4. 長谷川数馬, 池田光雪, 鈴木伸崇, “スキーマ進化に伴うXPath式修正アルゴリズム”, 情報処理学会第74回全国大会, 4P-6, 2p., 2012.
  5. 堀江和磨, 鈴木伸崇, “正規木文法のための差分抽出アルゴリズム”, 情報処理学会第73回全国大会, 4N-1, 2p., 2011.
  6. 池田光雪, 鈴木伸崇, “妥当でないXPath式に対するK最適修正候補発見の一手法”, 日本ソフトウェア科学会第27回大会, 3C-6, 5p, 2010. (学生奨励賞(学生セッション部門)受賞)
  7. 福島雄司, 鈴木伸崇, “限定されたXPath構文に関する充足可能性問題について”, 情報処理学会第71回全国大会, 1P-3, 2p, 2009. (学生奨励賞受賞)
  8. 福島雄司,鈴木伸崇, “XPath式の部分クラスに対する充足可能性判定アルゴリズム”, 第7回情報科学技術フォーラム講演論文集(第2分冊), D-001, pp.41-42, 2008.
  9. 三宅理恵, 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “照応関係を考慮した文書要約システムの開発”, 電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会, 152513, pp.412-412, 2004.
  10. 小橋祐介, {鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “UMLからRELAX NGへの変換手法の提案”, 電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会, 152522, pp.427-427, 2004.
  11. 宮本勲, 茅野功, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “大規模ディジタルシステムのSTPNによるモデル化”, 2004年電子情報通信学会総合全国大会, A-4-27, pp.118-118, 2004.
  12. 豊田光弘, 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “表層的手がかりを用いたHTML文書要約システムの開発”, 電気・情報関連学会中国支部第 54回連合大会, 202503, pp.564-564, 2003.
  13. 芹澤裕子, {鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “複数のパートに分散したメロディを抽出するための一手法”, 第65回情報処理学会全国大会, 1P-5, pp.191-192, 2003.
  14. 岡本卓士, 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “テキストデータをXML形式に変換するための一手法”, 電気・情報関連学会中国支部第53回連合大会, 182507, pp.494-494, 2002.
  15. 治徳英輔, 茅野功, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “高速マルチウィンドウシステムのWindowsマシンへの実装”, 電気・情報関連学会中国支部第53回連合大会, 182508, pp.495-495, 2002.
  16. 小泉国芳, 茅野功, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “FPGAによる論理回路設計演習と簡単なロボット制御への応用”, 電気・情報関連学会中国支部第53回連合大会, 192701, 2002.
  17. 茅野功, 兼田満, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “メタステーブル動作を考慮したリングアービタのペトリネット表現”, 2002年電子情報通信学会総合全国大会, D-10-14, pp.156-156, 2002.
  18. 鈴木伸崇, “文書データの検索・要約手法について”, 中国経済産業局主催平成13年度産学官連携セミナー(若手研究者), 2002.
  19. 深堀昇, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, 河合雅弘, “ジョセフソン論理ゲートの構成に関する一検討”, 電気・情報関連学会中国支部第52回連合大会, 052008, pp.116-116, 2001.
  20. 尾山智英, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “Xウィンドウシステムの高速化に関する一検討”, 電気・情報関連学会中国支部第52回連合大会, 062012, pp.161-161, 2001.
  21. 茅野功, 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “高速マルチウィンドウシステムのハードウェアアーキテクチャ”, 2001年電子情報通信学会総合全国大会, D-6-6, pp.69-69, 2001.
  22. 片山幹康, 佐藤洋一郎, 鈴木伸崇, 早瀬道芳, “デジーチェーンアービタにおける平均応答時間の算出式”, 電気・情報関連学会中国支部第51回連合大会, 062007, pp.148-148, 2000.
  23. 武靖男, 鈴木伸崇, 佐藤洋一郎, 早瀬道芳, “オブジェクト指向データベースにおける逆行を含む属性集合とその閉包を用いた経路式を経由するクラスの一探索法”, 2000年電子情報通信学会総合全国大会, D-4-13, pp.55-55, 2000.

表彰
外部機関によるもの

  1. 川口晴会,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM 2017)学生プレゼンプレゼンテーション賞,2017年3月
  2. 長尾悠真,WebDB Forum 2016学生奨励賞,2016年9月
  3. 藤田佳恵,情報処理学会第76回全国大会学生奨励賞,2014年3月
  4. K. Ikeda,iDB Workshop 2011,Distinguished Young Researcher Award,2011年8月
  5. 池田光雪,一般社団法人情報処理学会第151回データベースシステム研究会,学生奨励賞,2010年11月
  6. 池田光雪,日本ソフトウェア科学会第27回大会,学生奨励賞 (学生セッション部門),2010年9月
  7. 福島雄司, 情報処理学会第71回全国大会学生奨励賞,2009年3月

所属機関によるもの

  1. 呉揚,筑波大学図書館情報メディア研究科長表彰,2017年3月
  2. 川口晴会,筑波大学情報学群長表彰,2017年3月
  3. 川口大貴,筑波大学情報学群長表彰,2016年3月
  4. 水本弘貴,筑波大学図書館情報メディア研究科長表彰,2015年3月
  5. 池田光雪,筑波大学図書館情報メディア研究科長表彰,2013年3月
  6. 池田光雪,筑波大学情報学群長表彰,2011年3月